熱 空 B L O G

HOTSKY member blog
2005年08月13日
東京国立博物館 本館特別5室での公演。
重厚な建物。その巨大さだけで、強大な力を感じて自分が小さくなる。

アジアの小国とギリシャの対比を明治期の朝鮮と日本に置き換え、
過去の出来事でありながら生々しさが伝わる構成。

完璧なまでの人形振り。
「男」に操られながら演じる「女」の感情は、
極限まで押し殺され 強かに覆い隠され
何も起きていないかのようでありながら 異様なまでに緊迫した空気が巨大な室内に充満する。

飽和したその瞬間に解き放たれた、
唯一の「女」の「声」、唯一の「生」の「感情」に心臓を抉られた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL